RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
虚像の道化師 (東野 圭吾)




     

    
                「虚像の道化師」    

        
著者 東野 圭吾



    



  【内容】
   
  東野圭吾の代表作、「ガリレオシリーズ」の短編集。

  ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。 
  その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りたと証言し、
 教祖は相手に指一本触れないものの、自分が強い念を送って男を落としてしまったと
 自首してきた。
  教祖の“念”は本物なのか?
  湯川は教団に赴きからくりを見破る(「幻惑(まどわ)す」)。

  突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。
  逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。
 そして男が勤める会社では、ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、
 また幻聴に悩む女子社員もいた。
  幻聴の正体は――(「心聴(きこえ)る」)。

  大学時代の友人の結婚式のために、山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。
  その日は天候が荒れて道が崩れ、麓の町との行き来が出来なくなる。
  ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、夫婦が殺されていると通報が入る。
  草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、事件のおかしな点に
 気づく(「偽装(よそお)う」)。

  劇団の演出家が殺された。
  凶器は芝居で使う予定だったナイフ。
  だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。
  湯川は、残された凶器の不可解さに着目する(「演技(えんじ)る」)。

                                     [アマゾンより]

  
    《感想》
 

  2012年8月に発売された作品で、少し前にドラマ化された作品だ。
  珍しく、ドラマ化された後に読んだ作品となる。

  4作品とも、読んでいるとその時演じた役者の顔が浮かんできて想像力に欠ける
  思いがした。
  個人的には、ドラマ化される前に読んだ方がいいタイプなのだと思った。

  東野作品は、やはり長編が好きだ。
  この短編集は、これでよく出来ているとは思ったが、短時間に解決するので
  ドキドキワクワク感が少なく感じる。
  しかし、4作品で色々なガリレオ湯川が楽しめるのではないか?
  と思う。
  
  東野作品初心者には、おすすめ!!

  秋の夜長に読んでみてはどうでしょうか?

    

  花かんざしの評価
  ★★★☆☆


                                     花かんざし 

author:花かんざし, category:, 21:30
comments(4), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:30
-, -, - -
Comment
ガリレオ 大好きで 観てました
そうでね〜 ふむふむ この時は
あの俳優さんだったな〜って
今も 読んでて思い出しました

ドラマ見てて思ったけど こういう物理的な
ことが書けるっていう東野さんってすごいなって
思った
素人は説明してもらって ドラマみて
あ〜 さすが 湯川先生!っておもうだけで
私は  「さっぱり わからない!」
おっちゃん, 2013/10/10 5:11 PM
おっちゃんへ
ハハハハハ・・・
当然花も物理的なことは「さっぱり・・・・」(笑)
しかし、本当に東野圭吾は凄い!!
あまりにも注目されるようになって、今は遠い人のように感じますが・・・
「東野圭吾ってすごいねんで」って言っていた日々は懐かしい・・・(笑)
花かんざし, 2013/10/12 10:31 AM
ガリレオは地球が丸くて回っている地動説を発見した人ですよね〜

ゆめこの知識はそこ止まりですから、花ちゃんの頭の中とは随分の差です(笑)

時々立読みして役に立つような週刊誌(オレンジページとか)を買うんですが、家では、読むのを忘れて積読だけ・・・(笑)
やっぱり本は無理ですね〜
ゆめこ, 2013/11/03 2:01 PM
ゆめこさんへ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなりました。
すみません。
花もそんなに色々詳しい訳ではないですよ!(笑)
しかし、本を読むことは好きです。
ただ、なんでも読むわけではなく、サスペンスが多いです。
その中でも、やはり東野圭吾は最高!!
大好きです。
逆にあまり週刊誌は読まないです。
新聞は、好きです。
ゆめこさんには、写真があるじゃないですか!!
花は、あんなふうに素敵に撮れませんよ!!!
花かんざし, 2013/11/06 3:39 PM









Trackback
url: http://sawatyuu.jugem.jp/trackback/280